エディターへの11のヒント

エディターへの11のヒント

Apesterを使っていくうちにエンゲージメントの高いもの、そうではないものがあることに気がつくと思います。
どんな画像がユーザーを引き込むのか、何がユーザーの注目を集めるのか?スポーツ?政治?また、聞きたい内容によりどんな言葉を使うべきなのでしょうか?

ここでは、どのパブリッシャーにとっても重要なヒントとなりそうなものをご紹介します。(
既にユーザーネーム、パスワードは取得済みであり、ユニット作成をどこから始めるか(こちら)等はご存知だという前提です。)

  1. ユーザーのことを念頭に置く - どんなことを質問できるか考えてみましょう。

  2. 常にユニットを作り続ける- ユーザーの反応があまりよくないものがあっても諦めないでください。

  3. 背景画像を活用する - ユニットや記事の内容と関係のあるものを選びましょう。
  4. 時間も大切な要素 - 時間の経過で結果は改善します。(学習カーブがあります)

  5. ダッシュボードを活用する - 効果のあるもの、ないものを学びましょう。

  6. コンテンツ・リコメンデーションとは?

  7. コンテンツ・リコメンデーションを有効にする - ワードプレスをインストールするか、SDKを埋め込んでください。

  8. GIFを活用する

  9. A/Bテスト(比較)をする - ユーザーの反応が良いものをみつけましょう。

  10. 一つの投票または投票結果にアイテムをまとめましょう。

  11. 同じ記事に他のコンポーネントを関連させるとエンゲージメント結果に影響がでることがあります。

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。